奇跡の日々をココ共に

私とトイプードルの幸せな日々ブログ

朝の散歩で早起きに

散歩道

プラスになる事

犬を飼っているという話をペットがいない人にすると、決まって返ってくるのが「散歩が大変じゃない?」という意見です。

正直に言えば、もちろん大変です。
ただし、大変であるからといってもそれは犬をペットにするときには当然あるべき覚悟としてあることであるので、つらいというふうに思ったことはそれほどありません。

むしろポジティブシンキングをすることで、
散歩によって得られるよいことの方を重要に考えるようにしています。

ココとの散歩を習慣にして一番よかったと思えるのが「早起きの習慣がついた」ということです。
犬の散歩をする時間帯といえば、ほとんどの人が早朝か夕方を選んでいるのではないかと思います。
私などは比較的時間に余裕がある方ではありますが、
それでも散歩には真昼間よりは早朝か夕方をなんとなく選ぶようにしています。

理由は朝夕なら人通りも少なく、気温も涼しくて気持がよいからです。

早朝に得られる物

ココを飼い始めた頃は、早起きがそれほど得意ではないこともあって、
ほとんど夕方の時間帯を選んで散歩していました。

ですが、夏場の暑い時期などは夕方も照り返しがひどく、
汗だくになってかなり体力を消耗することが悩みでした。

そこで、早起きは三文の得とばかり一念発起して
早朝5時半~6時くらいの時間を選んで散歩をはじめてみたところ、
やみつきになる楽しさを感じることができるようになりました。

早朝の時間帯は空気もきれいであり、
また人の通りが少なくそれまで見てきた近所の風景も
ちょっと違ったように見えるという楽しみがあります。

人通りの少なさは、歩くときに気を使わなくてもよいという気楽さがあります。
昼間や夕方前の時間帯のときには、通勤通学で帰路につく人もたくさんいます。

そうした人の中には犬が苦手という人もいて、
たまに露骨に嫌な顔をされることもあって
「申し訳ないな」と思ったりすることもありました。

その点早朝なら気にすることもほとんどなく、
気持よく散歩をすることができるというメリットもあります。

また、私自身の健康面にとっても朝に軽く散歩をすることで一日の活力がつき、
その日するべきことを前向きに取り組めるようになりました。
散歩をすると体内の心肺能力を高められるとともに、ダイエットにも役立ちます。
季節の変わり目や体調がすぐれないときなどはちょっと大変さを感じることもありますが、
それでも早朝の犬の散歩にはよいことが盛り沢山です。

これからもこの習慣は続けていきたいです。



PROFILE

トイプードルのイラスト

私の家のトイプードルココは亜麻色の毛並みの男の子。このブログでは、ココとの生活や家族とのことについていろいろ書いていきたいと思っています。